FC2ブログ

2020-08

駆け込み乗車はお止め下さい!

FILE No,00002 2009年12月29日(火)東京・・・晴れ 午前11時42分 西○池袋線改札前

前回とほぼ同じ時刻、同じ場所に到着。

探索を開始したところ早くもセンサーに反応有り。

目標は方位1200、距離3メートル西○池袋線改札へ進行中、カウント開始、3・・2・・1・・入ります!
身震いする体を抑え、punikoも足早に隣の改札を抜けます。

彼女より先に出て、バッグを持つ右手を少し上げ脇の下から気付かれないように静かに後方を窺いました。

距離は4メートル、頬と顎を擦りながらも上目づかいでただ前を見つめ、ほふく前進をし近づいてきます。
顔には外傷などはなく、想像とは違いきれいな状態で普通の30代のOL。土埃で薄汚れた白いワイシャツの裾が、ちぎれた胴体下部から動くたびに流れ出る彼女の液体で赤黒く染まっていました。


ここまでで今回の目的は達成、一刻も早くその場から立ち去りたい。
punikoは知人との待ち合わせ場所の2番線のホームへの階段に向かいます。

階段を昇りきると池袋発の黄色い電車が発車時刻待ちでドアを開けて停車中でした。
ホームには全く人気が無く、皆既に電車に乗り込んでいるようでした。

「確かにこのホームで待ち合わせのはずなんだけど・・」

言い知れぬ不安に襲われ、キョロキョロと周囲を見渡して知人の姿を探しますが見当たりません。

と、先頭車両のホーム先端で動く何かが目に留まりました。

それは黒い人型をした影でした。
黒い影は片腕を口の高さぐらいにあげ、手首から先だけをゆっくりと動かし、Punikoに向かっておいでおいでとしているのです。
2メートルほどある人影は、一定周期で胴体部がテレビにノイズが入るかのように虚ろになりました。

---無理です。 そちらには行けません。

寒空の年の瀬にもかかわらず、生ぬるいドロっとした空間がPunikoを取り巻いているようでした。
重圧から逃れたい一心でバッグから携帯電話を取り出し、知人へ祈るようにコールします。
するとすぐにいつもの聞き慣れた声が返ってきました。

その人影とpunikoとの射線上を遮るように知人が姿を現します。
私はその場から動かず、電話を繋いだままこちらまで来てもらい合流してほっとしたその時、

≪・・・ズザッ≫

punikoのすぐ後ろで砂袋を地面で引きずるような音が。

「何?」

とっさにpunikoが振り返ると、最後の階段の縁から女性の顔がニュっと這い出してきたのです。

「・・・!! 」

それは改札の女性がこの階段を一段一段這いずり、ホームへ姿を現したところでした。

手招きをする影と上半分だけの女性に挟まれた位置になったため、慌てて近くのドアから電車に乗ろうとしました。
が、ドアとホーム15cmほどの隙間、線路側からこちらを見上げている顔と目があいました。

「!!!・・・」

どこかの恐怖ビデオでも見たことのあるシチュエーション。

眉から上唇までしか見えないながらも、その顔40代ぐらいの男性のものでした。

たて続けに起こる異常な状況に嘔吐感すら覚えながらも気を落ち着かせようと努めます。

足を引っ張られたりするのが嫌だったのと、punikoはスカートを穿いていたので上をまたぐのは何だか嫌でした。
そんなことが3秒くらい頭を駆け巡ると、知人をグイッと引っ張って急遽隣のドアへ変更し乗車。

puniko達は入ってすぐ左の座席に腰をおろしました。

何も知らない知人から何故駅のホームまで迎えが必要だったのかと聞かれていたとき、

≪・・・ズザーッ、ズザーッ≫

「・・・えっ?」

≪ズザッ、ズズザーッ、ズズザザザーッ≫

ひぃぃ!!!

横のドアから上半身の女性が入ってきたのです。
思わず上げそうなる声を押し殺し、”私みえてません”を発動。
その様子を見て知人が「何かがいるの?」と聞いてきましたが、そのものを目の前にして話題に出す勇気はありません。
一生懸命話をそらすpuniko。明らかに挙動不審。

彼女は車内の床にベッタリと血の軌跡を描きながら、そのままPuniko達の向かいのスーツ姿の三人組の足元、シート下に横向きに入っていくと疲れた様子で片腕を伸ばし動かなくなりました。
ただ、顔だけはこちら側に向け、目だけをギョロギョロ動かし続け車内の様子を隅々まで窺っているようでした。

その後、彼女の様子は変化なく、私達は先に練○駅で降車し彼女と別れました。


果たして彼女の目的地とはいったい何処なのでしょうか? 次回、へは続きません。

関連記事

● COMMENT FORM ●

Re: 見られた後…

peaceman 様

コメントありがとうございます♪

同じ事を旦那たんに聞かれたことがありますwwwやっぱり気になるところなんですね。

向こうからはばっちり見えていると思います。もちろんpunikoだけでなくpeacemanさんたちのことも。ただ目が合ったりすると“こいつ見えてるぜ”的な感じで迫ってくることはあります。すれ違いざまに「あら、見えてるのね」と言われたり・・・
そんなとき臆病なpunikoは訳もなくごめんなさいと叫びながらダッシュで逃げます。だって怖いんですもの。


コロボックルのこと教えてくださってありがとうございます。
何だかイメージと違いましたwwwアイヌの守り神っぽい感じなのかと。
やっぱり北海道に行きたい!行くことができましたら、その時はひら農園にもお邪魔したいなぁなんて思っています。





見られた後…

ぷにこ様

毎回興味深くお邪魔させていただいております。

質問が一つ
ぷにこさんは“見ないふりをしている”といいますが、あちらさんはぷにこさんを見れるのでしょうか?
「あ!見えるの?」みたいに、かまわれてきたときとかはどうするのですか?
いきなりのぶしつけな質問で申し訳ありません。

北海道にはぜひ、ぜひ一度お越しください。
ちなみにコロボックルとは、アイヌの伝承に出てくる自然や動物と同化できるなど異能の小人だそうですが、文化人類学的に原大和人と唱えている学者もおられます。
あと、北は歴史が浅い分、もののけの類もそちらとは少し毛色が違うものが多いかもしれませんね。

Re: ご無事で

peaceman様

あけましておめでとうございす。今年も宜しくお願いします。
都会は量が多くて怖いですwww
田舎はもののけみたいのが多いですけどね(*´∀`*)

北海道にはコロボックルとやらがいるとの事なので、一度行ってみたいです♪

ご無事で

ぷにこ様

前回から気になっていましたが、ご無事だったようでなにより~
上半身だけで乗り込んできて…そんなシチュエーション、一般人では絶対想像できない世界です(驚)
しかもホームと車体の間から見ているなんて…都会は怖すぎますって。
でも、その彼女、やはりどの駅で降りてどこに行こうとしているのか気になりますよね~?

良い年でありますように


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://puninton.blog89.fc2.com/tb.php/32-9578647a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Punikoは1富士2鷹3なすびの夢をみたか? «  | BLOG TOP |  » 通勤ゴクロー様です。

当館へようこそ、館長の田中ぷにこです。

プロフィール

田中ぷにこ

Author:田中ぷにこ
子育て主婦のオカルトブログ

カテゴリ

オカルト (49)
スピリチュアル (10)
育児 (7)
日記 (5)

最新記事

過去記事表示リンク

過去の記事を表示するわっ

ドナドナされた方々

おてんとさまの腹具合

そうだ、石ころを買おう

カレン族シルバーネックレス/ラピスラズリ
カレン族シルバーネックレス/ラピスラズリ

リンク

あの"湯煙心霊探検記" 蒼馬様のNewサイト!

再開が待ち遠しいですワ +(0゚・∀・) +

一応、参加中

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ

なんとなくリンク

都道府県魅力度ランキング47位 しかも2年連続達成。

(,,゚Д゚) ガンガレ!

ウィズの「あなたを守る防犯女子講座」

広告の興廃はこの1選に

″泣き叫んでいると殺されるタイプ″でした(ノ´∀`*)