FC2ブログ

2012-04

希望の光☆モリオンジュエルで守れ!

・つ・づ・き

で、旦那たん2000に迎えにきてもらい、その週の公演は終了しました。
そして翌週の金曜日にひっぺがしてもらうことになるのですが、なんでpunikoは彼らが見えないんだろうか?
地面から足を掴む手とかみることはあるのですが、密着されると対空レーダーのようにもっと低空を飛ぶんだ!!的に探知できない死角があるのかな?

Yさんも自分のことは不得手なようでだれかに生き霊とばされて困っている~とのことなので
punikoの見たなかで生き霊対策に効果あったと思われる黒水晶をオススメ。
早速みんなで石屋さんにショッピングへGO!
早速作ってもらったペンダントをつけて
「久しぶりに頭がスッキリしたわ」とご感想を述べられました。
皆さんもご家庭での、職場での困った生き霊に、一家に一石投じてはいかがでしょうか(ノ゚ー゚)ノ☆

それはさておき、Yさんに公演のときのことを話すと
「そのときお守りをもってなかったでしょ!」
とダメ出しされましたが、舞台で小道具以外のものを身に付けるのもなんだなと思い外しておりました。
ちなみにYさんがいってるお守りとはコレといったものではなく自分にはこれが御守りだっ!と思っているものなので、最近のpunikoの場合は石ころブレスレットになります。

公演のとき引き返していった兵隊さんたちですが、どうもそのときpunikoには既に定員オーバーの乗霊率だったため、諦めてお帰りになったようでした。

そんなこんなでまた週末の公演日がやってきたのでございます。

つ・づ・け・
スポンサーサイト



みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!

・つ・づ・い・た

お客さんの入り具合は8割ぐらいでまずまずといったトコロです。よほどネタ探しに困っているのかNK地方局?もカメラをまわしていました。
震災から一年、役者・観客全員での黙祷。場内全員のそれぞれに思うところがあり、会場の空気も変わります。皆その空気を肌で感じてしまい、その緊張感を引きずったまま午前の部は開演となりました。

今までの感じとは違って、若干重たい空気の中でなんとか乗り切った午前の部。
午後は黙祷なしで行われる事になりました。

特攻隊のシーンがやってくるとpunikoレーダーが何かをキャッチ!
よくよく舞台をみますと、本来3名のキャストのはずが特攻隊員の姿が6名います。

「あ、あれ?」

劇中のため私見えてませんを駆使して過ごします。
特攻兵の幽霊さんがたはなんとなく舞台上に立っていますが、程なくすると一人の方は舞台をおり、客席の階段を登って照明室の方に向かいました。
そして、一番上のスポットの隣に立ちそこから舞台を眺めていました。

残りの二人はそのまま舞台に残り、特攻兵役が退場するとき一緒になって退場。登場。ってな感じを繰り返しています。

そして劇もいよいよ終盤。
袖ではカーテンコールの準備の為、出て行く順番にならんでスタンバイしているのですが、
punikoの後ろは特攻兵役の青年R。

もれなく幽霊さんも一緒です。

とっても近くにいますが頑張って乗り切ろうとしているうちに

舞台上には紙飛行機が自由に青空を飛んでいく様子の映像が映し出されます。
この映像を最後にお芝居は幕になります。
千秋楽、役者陣は舞台袖からその映像をそれぞれの想いで見つめていたと思います。

すると横で幽霊さんが

「あぁ。空を飛ぶって気持ちよかったんだよなぁ・・・そうだった・・・気持ちいいなぁ。」と

穏やかな口調でいったので思わずホロリとしながらも振り返るともう姿はありませんでした。

舞台暗転の後、明るくなった舞台へお客様の暖かな拍手に包まれながらのカーテンコール。

punikoのお芝居の生活もこれでお終い・・
そんな想いでお客様の方に顔を向けると、舞台の下に3名の特攻隊員の姿がありました。
彼らはきれいに横一列に並ぶと、ピシッと客席に向かって敬礼。
とても凛々しい姿でした。
ほどなくして、まわれ右をして前進。すっと影のように消えていきました。

牡丹燈籠って演目名は皆さんもご存知かと思います。始めるにあたって役者、関係者が一同で参拝するアレです。
punikoが通っていた演劇学校の発表会でソレのモダンアレンジ版をやっていたグループがありまして一観客として観にいったのですが、内容はともかくとして、いつの間にか舞台の縁に腰を掛けた髷を結ったいなせな着物姿の幽霊さんが、着物の懐に片手を入れて斜に構えるようにコレを観ていたのです。
昔、役者さんだった方なのかも。


真偽のほどはわかりませんが、演劇の発祥は宗教儀式からだったという説があります。
そこに存在しない人物を実在するかのように演じ、演者たちはその人を実在する人格として扱い、観客はその世界を受け入れて喜怒哀楽の感情を生み出す虚実混在の世界。

演劇の舞台がソコに存在を認められないモノが、存在を訴えるために集まってくる場所だとしても不思議ではないかもしれませんね。


終・劇

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

当館へようこそ、館長の田中ぷにこです。

プロフィール

田中ぷにこ

Author:田中ぷにこ
子育て主婦のオカルトブログ

カテゴリ

オカルト (49)
スピリチュアル (10)
育児 (7)
日記 (5)

最新記事

過去記事表示リンク

過去の記事を表示するわっ

ドナドナされた方々

おてんとさまの腹具合

そうだ、石ころを買おう

カレン族シルバーネックレス/ラピスラズリ
カレン族シルバーネックレス/ラピスラズリ

リンク

あの"湯煙心霊探検記" 蒼馬様のNewサイト!

再開が待ち遠しいですワ +(0゚・∀・) +

一応、参加中

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ

なんとなくリンク

都道府県魅力度ランキング47位 しかも2年連続達成。

(,,゚Д゚) ガンガレ!

ウィズの「あなたを守る防犯女子講座」

広告の興廃はこの1選に

″泣き叫んでいると殺されるタイプ″でした(ノ´∀`*)